スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館巡り 2016/1~6 2016.07.21

1~6月の美術館巡りです。

2/7
愛知県美術館 ピカソ、天才の秘密

4/17
渡辺健一トリックアート美術館

4/29
名古屋ボストン美術館 ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影

5/1
豊田市美術館 デトロイト美術館展

5/4
アートギャラリー呼友館 遠藤幹彦彫刻展
山崎美術館
蘭山記念美術館
ヤオコー川越美術館
川越市立美術館 黄金期の浮世絵 歌麿とその時代
原爆の図 丸木美術館 原爆の図はふたつあるのか

5/5
黒部峡谷セレネ美術館
朝日町立ふるさと美術館 殿村和司 木彫工芸展
百河豚美術館
下山芸術の森発電所美術館 発美展~うねりの果てに、

5/7
淡路大磯アート山・大石可久也美術館
中浜稔 猫美術館
鉄斎美術館

6/5
桑山美術館

6/12
みずのき美術館
立命館大学平和ミュージアム 世界報道写真展
角屋もてなしの文化美術館

6/19
松坂屋美術館 郷さくら美術館所蔵 美しき花鳥風月 現代日本画名品展
スポンサーサイト

ジム・スタジオレッスン 2016.02.10

ジムに通い始めたのは、体力維持のため。

2008年からジムに通っていますが、もともと器具で筋力トレーニングって、あんまりすきじゃないんです。スイミングも併用しながら、月2〜3回通っていました。
2012年からジムに併設のテニススクールに通い始めました。これはよかった、4年経った今でも続いてます。
そして、昨年2015年春から、ジムのスタジオレッスンに通い始めました。

実は、テニスに通うようになってからしばらくは、スクール以外でも仲間とテニスをするようになり、ジムの方はほぼ行かなくなっていました。
ただそれも最近ではそれもなくなり、テニスは週1のスクールのみに。
そうすると、それではテニス、その他に必要な体力を維持するのが難しくなり、スタジオレッスンに行くことにした、というのが理由です。

ただ、最初は、自分などが入っていいものかと、なかなかスタジオに入れませんでしたよ。
まずは、初心者向けのビヨンドマーシャル30、ZUMBA30から始まり、45へ、さらにはバレトン、グループパワーもたまに顔を出すようになりました。

ビヨンドマーシャルは、ボクシングや空手の動きが取り入れられたプログラムですが、私が好きなのは、正拳突きや瓦割りの動きですね。もちろん、カーディオパートも好きな動きはあるのですが、覚えやすさもあり、どちらかというと、ファイトパートの方が好きです。
クールダウンで2015前半で流れていた、Jordin SparksのTattooも好きな曲です。

ZUMBAは、最初は何気なく始めましたが、見事にハマったなというプログラムです。
最初は動きについていくのが大変かなと思ったのですが、繰り返しの動きが多く、ビヨンドマーシャルを覚えられるならば、それほど難しくはないように思います。インストラクター次第というところもありますが。
何より、踊っている時は、すべてを忘れられるので、ストレス解消には持って来いです。
昨年のお気に入りの曲は、popee、Vive Y Vaila、Ministry of Road、Candela、Zumba Fuegoあたりです。

結果、体力維持にスタジオレッスンは貢献し、テニススクールでも、以前より息が切れなくなりました。

2015振り返りとこれから 2016.01.02

仕事

仕事は、2015年、今までの延長線上ではありながら、新しいことにも取り組み始めた一年。
そんな中、他のアジャイルの現場を外から見る機会があり、今まで勉強していたことを活かすことができたのは、大きな収穫。ただ、足りないものが見えてきたのも事実。
2016年は、目に見える成果というよりは、地に足をつけて勉強を行い、信頼を積んでいきたい。

外部の勉強会は、昨年の勉強会の参加記録を見る限り、リソース的な問題で一昨年よりさらに減ったが、内容は濃いものが多く、ピンポイントでそれを知りたかったり、自分の方向性を考える上で、揺さぶられるものが多かったように思う。
今年も、さらに機会は減るかもしれないが、ぜひ機会を見つけて参加し、チームに還元したい。

趣味

美術館めぐりは2015年、コツコツ積み重ねて、ついに日本の美術館(と美術的作品を扱う施設)訪問数が、600に到達。
今年は、さすがにペースダウンすると思うが、興味のある美術館を見つけて、楽しみたい。

その他

プライベートでは、大きな変化がある予感。その際には、また。

美術館巡り 2015/12 2016.01.02

12月の美術館巡りです。

12/6
三河工芸ガラス美術館

12/20
ルーブル彫刻美術館

12/28
富山市ガラス美術館

美術館巡り 2015/11 2015.11.16

11月の美術館巡りです。
順次追加していきます。

11/1
名古屋ボストン美術館 ヴェネツィア展
名古屋市美術館 リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展

11/8
京都市美術館 フェルメールとレンブラント
並河靖之七宝記念館
承天閣美術館 岩澤重夫展

11/21
徳川美術館 開館80周年記念特別展 全点一挙公開 国宝 源氏物語絵巻

11/22
下関市立美術館 北海道立近代美術館コレクション選 日本画逍遙
周南市美術博物館 まど・みちをのうちゅう
東広島市立美術館 東広島市美術展

11/23
高台寺掌美術館
京都祇園らんぷ美術館

11/29
掛川市ステンドグラス美術館

美術館巡り 2015/10 2015.10.12

秋らしくなった10月の美術館巡りです。
順次追加していきます。

10/11
丹波市立植野記念美術館
福知山市佐藤太清記念美術館
岡之山美術館

10/12
赤穂市立田淵記念館
桃井ミュージアム
BIZEN中南米美術館

旅日記 2015/09/20-25 長野の美術館を訪ねる 2015.09.28

長野の有名どころの美術館はすでに巡っているのだが、まだいくつも未訪問の美術館があり、とびとびで4日間かけて、訪ねることにした。

9/20:名古屋~松本~穂高~松本~長野

1日目は大糸線穂高駅を起点に、安曇野で訪れることができていなかった美術館をめざす。

今回名古屋と長野の行き来には、往復とも高速バスを利用した。案の定、交通渋滞に巻き込まれ、当初のプラン通りではなかった。しかし、美術館巡りを急ぎすぎては楽しくないので、これも受け入れる。

名古屋を7:10に出て、松本でそばをいただいてから、穂高駅に到着すると、13:40になっていた。ここからは、レンタサイクル、ただし電動アシスト自転車で、可能な限りの美術館を回っていく。

電動アシスト自転車は、前日に駅前のしなの庵さんに電話しておいた。実は、予約はいっぱいだったのだが、おそらく昼には帰ってくるのがあるだろう、ということで、優先的に取り置いてもらった。私の到着が遅れたこともあって、無事手配できた。しなの庵さん、ありがとう。

穂高駅からジャンセン美術館までは、登り坂。電動アシスト自転車でないときついだろう。私の体力では、20分くらいで到着。

安曇野ジャンセン美術館は、第一展示室の暗闇に浮かび上がる絵の展示がよい。私は特に風景画が好きだが、とてもジャンセンの絵が際立つ。



安曇野山岳美術館は、山岳写真専門の美術館。特に、上田太郎の作品が、お気に入り。足立源一郎の作品も、なかなかにストイックで伝わってくる。
安曇野ビンサンチ美術館は、ご夫婦の制作した絵を屋外にも大胆に展示。絵本美術館・森のおうちでは、柿本幸造の原画展が開催され、なかでも、どうぞのいす、じゃむじゃむどんぐまさん、などの作品に見入ってしまう。
安曇野アートヒルズ美術館は、ガラス絵付けなどを体験できる施設に併設の美術館で、さまざまなガラス細工作品も購入できる。主にエミール・ガレの作品を展示。

安曇野髙橋節郎記念美術館は、宮崎浩氏が設計した、建物だけでも体感したい美術館。髙橋節郎作品は、
私は豊田市美術館でなじみがあるが、こちらは、出身地に2003年に建てられた美術館。漆芸の技が堪能できる。



結局この日は、当初予定していた田淵行男記念館、豊科近代美術館や、北アルプス展望美術館などを見ることはできなかったが、次回に行くことにする。

9/21:長野~湯田中~上林~湯田中~長野~飯山~上田~長野~名古屋

2日目は長野に宿泊した延長で、長野駅を起点に、電車とバスで3つの美術館をめざす。

志賀高原ロマン美術館の建物は、黒川紀章設計。長野オリンピックの際にオープンしたようだが、美術館としての心地よさが体感できる広々とした空間が広がる。
今回は、宇宙をみる眼と題した特別展が行われていた。

長野駅から湯田中駅までは、長野電鉄を利用するが、行きはロマンスカーHiSEの「ゆけむり」、帰りは旧成田エクスプレス「スノーモンキー」、それぞれ車両を譲り受けた特急に乗車でき、鉄道ファンとしてもうれしい。

湯田中駅から最寄りの上林までは、バスを利用する。白根火山線の上林温泉口バス停と、上林線の上林バス停両方が利用できる。両バス停は、30秒と離れていない上、美術館の目の前である。



飯山市美術館もまた、長野オリンピックの頃に開館した美術館である。伝統産業会館の1階部分が美術館の展示室となっていて、特に長谷川青澄の作品は充実している。

今回常設展示で見入ったのは、相原求一朗の作品。まさかここに作品があるとは知らず、以前に行われた図録を買い求めた。
また、栗田貞多男写真展 北陸新幹線沿線百名山も、地域の素晴らしい自然を写した写真が並ぶ。

上田市立美術館は、近年開館した、サントミューゼという、文化芸術センターと一体になった施設の中にある。

昨年までは同じ上田市内に山本鼎記念館があり、そちらで山本鼎作品を展示していたようだが、こちらのオープンに伴い、公開を終了したようである。

今回は藤子F不二雄の特別展のため、山本鼎作品は無料エリアにわずかに展示されるのみだったが、自画像を堪能した。

9/24:名古屋~長野~戸隠奥社~長野~松本

一度名古屋に戻った後、ふたたび長野へ。
この日は祝日明けということで、開館している美術館が大変少ない中、戸隠に今年出来たばかりの北野美術館戸隠館へ。

山の上にある、六角形の建物が印象的。
展示作品では、木村荘八作品がここで見られるとは思わなかった。東京ステーションギャラリーで一度見ているのだが、ここに所蔵されているとは。

9/25:松本~穂高~クラフトパーク入口~柏矢町~豊科~松本~名古屋

最終日は、安曇野の未訪問美術館をさらに訪ねていく。
穂高から池田町営のバスに乗り、北アルプス展望美術館、安曇野東山包美術館を訪ねる。北アルプス展望美術館の常設展では、安曇野の風景を描いたものが多く、それはそれで好きだ。



安曇野東山包美術館は、10時になってもオープンせず、はらはらしたが、やがて美術館の方がやってきて、中を見ることができた。
このあたり、天気がよければ景色が良いのだが、この日はあいにくの雨。

さらに南へ下り、田淵行男記念館、等々力克彦美術館へ。
田淵行男は、写真だけでなく、昆虫、中でも高山蝶研究家でもある。蝶の写生も展示されており、興味深い。
私は、駅からタクシー、そして歩きで訪れたが、実は、隣にプラザ安曇野という道の駅的な施設があり、ここにバスは止まるので、利用できるだろう。
ちなみに、安曇野プラザのそば屋さんで食べた、てんぷらそばが、ボリューム満点すぎて笑えた。



えび、かぼちゃ、たまねぎ、しいたけ、たまねぎ、ながいものてんぷらが、これでもかと積まれていた。これで930円はお得感がある。

豊科近代美術館は、ガラス工芸の展覧会が行われていたが、宮芳平の常設展が最も印象に残っている。
実は、宮芳平の作品をNHKの番組で見て以降みてみたいと思っていたのだが、なかなかみられずにいた。ここには、自画像や、「椿」が常設展示されている。

最後に、松本市内の康花美術館へ。



住宅地にあり、分かりにくいが、安原町のバス停から割とすぐ到着できる。
内容的に重い作品が多いが、受け止めたい。

これで、今回の長野の美術館巡りは終わり。

旅日記 2015/05/02-09 スペインを訪ねる 2015.09.28

GWにスペインに行った際のブログがまだ未投稿だったので、今更ながら公開します。

【5/2】移動

ルフトハンザで中部国際空港からフランクフルト乗り継ぎ、バルセロナへ乗り込みます。

【5/3】バルセロナ

何はともあれ、まず、ガウディ設計のサグラダ・ファミリアへ向かいます。

サグラダ・ファミリア(生誕のファサード)

行く直前に、時間指定を予約しておきました。

サグラダ・ファミリア(聖堂内部)

内部の天井などは、ガウディ展で予習しておいた通り。

ミロ美術館

14時まで開館のミロ美術館、続いて、カタルーニャ美術館へ。

カタルーニャ美術館

美術館巡りを楽しんだところで、マドリッドへ向かいます。
AVE、日本でいうところの新幹線で2時間半。早くて便利です。

AVE(バルセロナ~マドリッド)

【5/4】マドリッド

この日はマドリッドのプラド美術館を楽しみます。

プラド美術館

【5/5】マドリッド〜グラナダ

この日はマドリッドからグラナダに移動。

【5/6】グラナダ〜バルセロナ

この日はアルハンブラ宮殿を見て回りますが、その前に、市内のカテドラルをみていきます。

グラナダのカテドラル

いよいよ、アルハンブラ宮殿へ。まずは、東のヘネラリフェからみていきます。

アセキアの中庭(アルハンブラ宮殿・ヘネラリフェ)

宮殿の内部へ。

アラヤネスの中庭(アルハンブラ宮殿)

庭も素晴らしいです。

ライオンの中庭(アルハンブラ宮殿)

塔からの眺めもすばらしい。

ベラの塔からの眺め(アルハンブラ宮殿・アルカサバ)

その後、ブエリング航空で、バルセロナへ移動。

【5/7】バルセロナ

スペイン最終日。初日同様、美術館と、ガウディ建築をみていきます。

カサ・ミラ(ガウディ設計)

まずは、カサ・ミラへ。

カサ・バトリョ(ファサード)

カサ・バトリョ(ガウディ設計):オーディオガイド

次に、カサ・バトリョへ。

7 Portesでのパエリア

最後の晩餐は、7 Portesでのパエリア。値は張りますが、一人でも気軽に入れます。
人が少ない、夕刻にいきました。

【5/8】移動

バルセロナから、行きと同じ経路で帰ります。

美術館巡り 2015/03-09 2015.09.28

半年も美術館巡りのブログをさぼっていましたが、再開です。

3/1(長崎)
長崎県美術館 ガウディ展

3/14(東京)
ブリヂストン美術館 Best of Best

5/2〜8(スペイン)
ミロ美術館
プラド美術館
ソフィア王妃芸術センター
ティッセン・ボルネミッサ美術館
ピカソ美術館
バルセロナ現代美術館
アントニ・タピエス美術館
カタルーニャ美術館

6/14(長崎)
長崎県美術館 フリオ・ゴンザレス展

6/20(大分)
二階堂美術館 横山大観と下村観山
別府市美術館
大分県立美術館 大分世界美術館

6/28(愛知)
名古屋ボストン美術館 ダブル・インパクト展

7/5(愛知)
メナード美術館 みどり図鑑

9/6(愛知)
名古屋市美術館 画家たちと戦争

9/20(長野)
安曇野ジャンセン美術館
安曇野山岳美術館
安曇野ビンサンチ美術館
絵本美術館・森のおうち
安曇野アートヒルズ美術館
安曇野髙橋節郎記念美術館

9/21(長野)
志賀高原ロマン美術館
飯山市美術館
上田市立美術館

9/24(長野)
北野美術館戸隠館

9/25(長野)
北アルプス展望美術館
安曇野東山包美術館
田淵行男記念館
等々力克彦美術館
豊科近代美術館
康花美術館

ライブ 2015/06 2015.06.29

6月は3本のライブに参加。

6/10 いきものがかり 日本ガイシホール いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2015 ~FUN! FUN! FANFARE!~
6/14 サザンオールスターズ ナゴヤドーム LIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」
6/21 馬場俊英 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール 20TH ANNIVERSARY LIVE TOUR 2015「ARIGATO ~ 君は48番目の街 ~」

3つのライブとも、このあたりから見たいなという場所(必ずしも前ではない)から見ることができて、楽しめました。
いきものがかりはこのツアー3本目の参加。もう頭に入っていましたが、何度でも楽しめます。
サザンオールスターズは、初めてでしたが、後半の盛り上がりはさすが。原由子の歌、聞けてよかったな。
馬場さんは、懐かしい曲あり、新曲ありで、楽しめました。

セットリストは以下。
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。