スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ ダダリ(長谷川現代美術館)

10/10、静岡は大崩海岸の途中にある、カフェ ダダリに行ってきました。
Google Map上で、長谷川現代美術館となっているとおり、現代アートが多数展示されています。

行くと決まったものの、困ったのは、交通機関。
本来車でいくべき場所ですが、ペーパードライバーの私。

最悪焼津駅から4kmの道のりを歩くつもりでしたが、駅前でレンタサイクルを発見。
海岸沿いに出ると、坂道はきつくてトンネルも怖かったですが、なんとか到着。

どうやら海が見えるカフェということで、とても人気はあるみたい。
数組の客が、海を眺めたり、お茶したり、思い思いに過ごしていました。

ダリの彫刻のほか、いくつかの作品はカフェから見えるところに展示されていますが、
その他の作品は、どうやらロープの張られた向こうにあり、電気もついていない様子。
というわけで、ランチをいただいたあと、オーナー様に、展示スペースを見せていたきました。

まずは海側の展示室。1Fにはリー・ウーファン、2Fには元永定正等の作品が並ぶ。
そして内側の展示室。1Fには、川俣正など。
その2Fには、アンディー・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、イヴ・クライン、桑山忠明などが展示されていました。
正直、これだけのものがプライベート美術館に存在することが、奇跡かもしれません。

作品鑑賞の途中では、オーナー様と、
私も訪れたことのある地中美術館、豊田市美術館の話で、色々と話をさせていただきました。

今回は、バスキアの作品は展示されていなかったのですが、バスキアを知らないと話したら、
ぜひ見るように勧められましたので、探してみたいと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。