スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館巡り 2009/07/11-12

この週末は、近場の美術館を訪れました。

【7/11】豊橋市美術博物館 ターナーから印象派へ
豊橋市美術博物館は2回目の訪問です。
主にターナー以降のイギリスの風景画を集めた展覧会を見に行ってきました。
どこかイギリスの風景画は、懐かしい感じがします。
色使いがそう感じさせるのでしょうか。

【7/12】名都美術館 所蔵名品展
初訪問ですが、今まで来なかったことを後悔するくらい、
素晴らしい庭園とコレクションでした。

橋本関雪、横山大観、川合玉堂、伊東深水らに加え、
東山魁夷、田渕俊夫など比較的最近の作品もコレクションされています。

中でも、高山辰雄の『海と空』は中央ロビーに架けられ、
空と海の果ての描き方に見入ってしまいました。


来年夏は栄付近で、あいちトリエンナーレが開催されるとのこと。
名古屋のスペースに芸術家がどのようなメッセージを残すのか、今から楽しみです。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。