美術館巡り 2009/07/18-19

この3連休は、四国で美術館巡りです。

【7/18】
大塚国際美術館
徳島県立近代美術館:おもろいやつら展

渋滞を避けるため、朝早くから米原まで新幹線、三ノ宮まで新快速、
鳴門公園口まで高速バスで移動します。
大塚国際美術館は、陶板に美術品のレプリカを作り、世界の名画を展示する美術館です。
3時間ほどかけて回りましたが、全て見ようとすると、全然時間が足りません。
最初に人気名画ベスト10を、ガイドによる解説を聞きながら、1時間かけて見て回ります。
その後昼食をはさんで、もう一度見て回りました。

SBSH0250.jpg
超有名な絵は、美術の本で見たことが何度となくあるものですが、レプリカとはいえ、実物大で見たのははじめてなので、大きなインパクトがあります。
今回見た絵で、実物を見たことがあるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知、ティツィアーニのウルビーノのヴィーナスくらいですから。

外に出ると、天気もよく、モネのあの作品に由来する睡蓮の池も、照り映えて見えます。

徳島県立近代美術館は、徳島県立図書館など、文化の森総合公園内にあります。
舟越桂「渇きとスピード」や久保知子「メキシカーナ」の作品に感情移入しながら、鑑賞しました。

【7/19】
坂の上の雲ミュージアム
愛媛県立美術館分館(旧萬翠荘)
セキ美術館
愛媛県美術館
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

今日も朝から松山に高速バスで移動し、大街道で下車。
坂の上の雲ミュージアムは、司馬遼太郎の坂の上の雲をモチーフとしたミュージアムです。
ちょうどこの秋からNHKでドラマ化されるということで、予習がてら行きました。
建物自体が、ユニークな建物です。

道後温泉近くのセキ美術館は、雰囲気がなかなかよかったです。
東山魁夷や横山大観、熊谷守一ら、私のお気に入りの先生たちの作品が並びます。
なお、セキ美術館に行く途中にある「にきたつ庵」の食事は、なかなかおすすめです。

愛媛県美術館では、松本山雪の「製茶風俗図屏風」が面白かったです。
茶摘みや運搬の様子、最後にお茶を飲む人までがほぼ時系列に沿って描かれているのですが、
10人描かれていたら一人くらいは、サボったり、ドジをやったりしているんです。

さて、明日に備えて、今日は早めに就寝します。

コメント

非公開コメント