スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館巡り 2010/03/06

今日は、大阪に出かけました。

藤田美術館「歴史を彩る 教科書に載る名品」
逸翁美術館「呉春筆白梅図屏風」
宝塚市立手塚治虫記念館

藤田美術館には、日本で、いや、世界で3つしか伝わっていないという国宝の曜変天目を見に行きました。
静嘉堂文庫美術館のはかなり鮮やかな印象ですが、
藤田美術館所蔵のものは、かなり虹彩が群青に近く落ち着いた印象を受けました。どちらも素敵です。

続いて、伝統ある逸翁美術館へ。
重要文化財である呉春の白梅図屏風を中心に、円山四条派の絵画コレクションを展示するものでした。
白梅図屏風の背景は藍色の絹を縦に5つほど貼り合わせているようで、なんとも斬新。

美術館の建物は、昨年新館がオープンしたばかりとあって、ピカピカな印象でした。
隣では、ホールでミニコンサートが行われていたようです。

手塚治虫記念館でアトムの世界に入っていたら、あっというまに17時でした。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。