美術館巡り 2010/03/27-28

3/27,28は、岡山へ美術館巡りです。

3/27 夢二郷土美術館、岡山県立美術館、岡山市立オリエント美術館、
   林原美術館、笠岡市立竹喬美術館
3/28 ベネッセハウスミュージアム、地中美術館、家プロジェクト

岡山駅からバスに乗車し、後楽園のすぐそばにある夢二郷土美術館へ。
1月に京都タカシマヤで見た夢二展でも見た「立田姫」「こたつ」などのほか、
伊香保の記念館から「青山河」が特別公開されており、興味深い内容でした。

岡山県立美術館の高橋秀展は、分かりやすい内容であったが、
常設の布を使って絵本を作る藤田桜展も、実に見事で、思わず作品を読んでしまう内容でした。

笠岡市立竹喬美術館で開かれている岩倉寿展は、岩倉寿の作品をまとまった形で展示する内容。
竹喬作品を見ることを忘れそうになるほど、その内容に感激いたしました。
今後も岩倉寿作品は、チェックしていきます。

この日は、岡山でホテルがとれず、倉敷に宿泊。

3/28は、今回のメイン、直島にあるベネッセのアートを見に行きます。
ミュージアムには、コンテンポラリーアートが並んでいますが、
建物の造りがユニークであるため、気をつけないと見残してしまうかもしれません。
中には、この直島に刺激されたと思われる作品も。

地中美術館はご存じ安藤忠雄の設計。
モネの睡蓮シリーズ、タレルなどの作品が並びます。
ミュージアムや美術館だけではなく、外にもアート作品は並び、
本村地区には、家プロジェクト、宮浦では、銭湯がアート作品となっています。

一日中、直島のアートに触れることが出来て、楽しい一日となりました。

コメント

非公開コメント