manaca導入前の準備

気づいたら10日連続働いていたので、今日は休みをいただく。

さて、2/11から導入される、名鉄・名古屋市交通局などで利用できるmanaca導入に伴い、
トランパス系カードの販売が2/10で終了する。利用は来年の2月までだ。

ICカードの制限といえ、割引計算のデータはが一ヶ月単位でしか計算されないため、
月に2000円も乗らないトランパスを使ってきた名鉄ユーザにとっては、実質の値上げとなる。
金山総合駅での名鉄・JR直乗換改札も、manaca・toicaでは通れないのがイタい。

どうして最初から関東のようなPASMO・Suica共用方式がとれなかったのか、
SEとして理屈は分かるが、ユーザとしては理解しかねるところだ。

で、今日はトランパスの買いだめ。
といっても、確実に1年で使える、3枚だけ。

私がメインで使用しているモバイルSuicaとの共用が始まるのは、平成25年春になるという。
平成24年3月から一年間、どうにかして、つながなくては。

コメント

非公開コメント