スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に帆を立てるために

今年も、Developers Summmit 2011 (2/17-18)に行ってきました。

もともと、技術者コミュニティこそ、現状の閉塞を突破する可能性があるというところから、
できてきたイベントなんですよね。(語弊を恐れずにいえば)
普通のIT系セミナーではできない、ここだからこそできるセッションが、魅力的。

今年のテーマは、
 創発 未来につながるために 世界に帆を立てるために

それぞれが持ち帰ったことを職場で展開して、そのフィードバックがまた集まって、
といういい流れができてくれば、それは、世界に帆を立てる、
つまり、世界を動かす力になる、ということなんだと思います。

決して、大げさなではないと思います。
持ち帰ったことが、仕事の価値をアップさせたり、職場の雰囲気を変えることにつながったら・・・
そういうのだったら、喜んで歯車になります!!


さて、どのセッションも得るものが多くありましたが、
鈴木雄介氏の「なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか」は、目から鱗、だったなぁ。

アーキテクトとPM。
相反するけれども、プロジェクトには欠かせない存在を、分かりやすく語ってくれました。

もっというと、自分ってそういうことで悩んでるのかも、と気づかせてくれたと思う。


もう一つ、木下史彦氏の「これからの「アジャイル」の話をしよう」も、
「腹をくくった」講演者の、理想と現実を身近に感じつつ、前向きで、やる気をそそられる内容でした。

正直、このセッションを選んだときには、このセッションでいいかな、と思ってたのですが、
営業も、マネジメントも、アジャイルも、こなす「木下さん」の話を聞くうちに、
あ、このセッション、間違いなくこれからの自分にプラスになると、確信しました。


デブサミ自体が来年で10年目ですが、ずっとこのクオリティで、生き続けてほしい、
心からそう思うのでした。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。