世界的ロングセラー

と書いてある本。会社でまわってきたので、読みました。
デール・カーネギー著の「人を動かす」です。

読んでみて、タイトルとしてはどちらかというと、英語タイトルの

 HOW TO WIN FRIENDS AND INFLUENCE PEOPLE

のほうがしっくりきました。
「人を動かす」は、ビジネス本っぽい印象ですが、
「友人を得る」だと、自己啓発本っぽいですよね。

wikiにも登録されているくらい有名な本で、書評を書くつもりはありませんが、
いくつか心に響いたことをメモしておきます。

エルバート・ハバードのことば
「家から出る時は、~ 友人には笑顔をもって接し、握手には心をこめる。
 誤解される心配などはせず、敵のことに心をわずらわさない。
 やりたいことをしっかりと心のなかで決める。
 そして、まっしぐらに目標に向かって突進する。~
 すべての物事は願望から生まれ、心からの願いはすべてかなえられる。~」

ニーレンバーグ博士のことば
「まず、話し合いの目的、方向をはっきりさせて、相手の身になって話を進め、
 相手の意見を受け入れていけば、こちらの意見も、相手は受け入れる。」

実は今年はじめに、「人生の指針が見つかる「座右の銘」1300」という本を、読み始めたのですが、
その中にも、エルバート・ハバードのことばがあったんですよ。

「能力があるというのはいいことだ。だが、他人の能力を発見する能力があるかが真の鍵となる。」

読んだとき、耳が痛いなぁ、と思いました。
そして、「人を動かす」を読んで、内容に共通するものを、感じました。

コメント

非公開コメント