スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSC2013名古屋

今日は、オープンソースカンファレンス2013名古屋に参加しました。

参加したのは4セッション
13:00-「国産baserCMSの基本機能と秘めたポテンシャル」滝下氏
15:15-「オープンソースだけでは解決しない!中小企業IT化の現場の声!」菅氏
16:15-「jus研究会名古屋 Redmineでプロジェクトを見える化しよう!」矢島氏
17:10-「ライトニングトーク&大抽選会」

baseCMS:
あまり知らなかったけれど、今後利用することもあるかも、と思って参加しました。
ポテンシャルというところでは、やはりCakePHPがポイント。
技術的なところでは、もちろん恩恵を受けられるのはメリットだと思うけれど、
CakePHP技術者は比較的多いというのは、名古屋だとどうなんだろう。(発表者が関東の方だったので)
あと、冗長化とかは自分で作り込まないとね。

中小企業IT化:
菅さん、関西のノリで面白い。LTでも思ったけれど、この年代でこういう方、現場のITには必要かも。
資料も、ざっと見た限りOSC2012の時より改善されていてさらに。
新3種の神器が「Redmine」「Jenkins」「Chef」とは知らなかったなぁ。
でも、ITS,CI系のツールは知っていて当たり前という感じになってますなぁ。
常に次のことを学ぼうとする姿勢が、圧倒されました。

Redmine:
きんちゃんことエイチーム矢島さんのセッション。
Redmineの基本を説明すると前置きがあったので、アジャイルの話は出てこないかなぁ、と思っていたら、突然スクラムとかアジャイルのコアな部分の説明が出てきてびっくり。分かっている人には、そうそう、という内容だったと思うけれど、知らない人は混乱したかもね。でも、前置きとしては必要な話。
テーマは「現場のコミュニケーションを見える化しよう。」ということで、人と人との相互作用が最大化するようにするために、何ができるか考えようという、とても重要な内容でした。そのためのツールとしてRedmineということなのですが、「ツール作ったから使ってね」はだめ、と釘を刺す内容でした。
デモも豊富にあって、かなり内容は濃かったです。
自分自身も、現場でRedmine利用していて、コミュニケーションの道具として根付いてきた感はありますが、根付くまでに時間がかかりました。ただ、使いこなせているメンバーにとっては、これなしでは開発を考えられないというくらいのツールになっています。でも、それはゴールではありません。

あと、発表時にかんばん移動すると、どのくらいのタイミングで何やったか履歴が残るとは、驚きの発想。でも、何らか記録に残す方法は欲しいなぁと思っていたので、この方法、少し変えて利用させてもらうかも。

LT&大抽選会、その他:
アセンブラ短歌がとっても受けていたなぁ。
LL祭りvsなごやまつりも興味ありますが、mrubyも興味あり。
じゃんけん大抽選会は、コダックのScanMateプレゼントで盛り上がりました。残念ながら一回戦負け。
スタンプラリーは、モバイルスタンドかトートバッグ選択で、モバイルスタンドもらいました。
モバイルスタンド、使ってみたけど、いいわ。久々のヒット。

というわけで、朝は若干体調が微妙で、途中退席もあるかもと思っていましたが、
来てみて参加してみたら楽しくて、終わってみたら午後をまるごとOSCに捧げた日となりました。

来週は、名古屋アジャイル勉強会と、DevLove関西への参加を予定。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。