Developers Summit関西2013

9/20は、DevSumi関西2013 Action!に参加してきました。
仕事の関係で、午後からになりましたが、なんとか興味深い4セッション、聞くことができました。

参加した順に感想など。
B4 チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ 鈴木雄介さん

普段私(のプロジェクト)は、Redmineを使用して仕事をしているので、チケット駆動はとてもなじみ深い内容です。
例によって、アトラシアンスポンサーセッションですが、鈴木氏のセッションはところどころスパイスが効いていて、いつも聞き入ってしまいます。

ITSの使い所はこれまでも何度も聞いているので、そうだなぁというところですが、「チームを加速させるための道具」として、チケットの活用方法を説明されていたところが、まさに重要なところだなと思いました。
そして、今私の関わっているプロジェクトで、Redmineを活用した開発がうまくいっていることは、チームがボトムアップ的にまわり始めていることに直結していることも実感しました。

A5
塹壕より、かんばんとリーン 藤原大さん

ここ1,2年、アジャイルコーチとして経験した内容の物語。市谷さんとの共訳本がそろそろ発売になるようですが、リーンかんばんをやりはじめて、カイゼンを重ね、形になっていく様子が、(現実を書いているから当然ですが)リアリティがあって、わかりやすかったです。

あと、XPや、スクラムが、なかなかちょっと試すとかやりづらくて、とっつきにくいのに対して、かんばんの現状を尊重する「ゆるふわ」の感じが、あっていたとのこと。

A6
Visual Studio 2013の足音 - Be agile, stay lean 長沢さん

事前公開されていた、DevOps意識した資料で、継続的にビジネス側に価値を届けることができると説明。

決まったタイミングで価値を届けることで、ビジネス側の協力も得られるとあったけど、すべてではないだろう。しかし、その体制があるに越したことはない。

Developer Socialの機能を2013には組み込んでいるとのことで、タスクにテストやバックログが紐づけられるだけでなく、ソースに関してチャットしたり、ディスカッションが可能とのこと。ソース見ながらできるのは、場所が離れた開発なら便利かもしれない。

A7
自分戦略

西さんの踊りの尺のため、だいぶ時間が取られた気がするが、投票で選ばれた川端さん、原田さん、粕谷さんによる自分戦略セッション。

昨年このセッションに参加した時は、全く知らない人たちばかりだったけど、この一年間、わずかながら勉強会とか参加しながら情報収集している中で、あ、あの方お見かけしたことがある、とか、TwitterでTLに流れて来て知ってるという人がいて、とっつきやすくはなったかな。

粕谷さんの自分戦略だったか、「汎用的な実績をアピールできるような活動や人脈を作る」というのは、この世界で生きていくなら必要かな、とは思っているところ。

コメント

非公開コメント