DevLOVE関西 組織に新しいアイデアを広める方法(パターン)を学んでみる 2014/05/31

DevLOVE関西 組織に新しいアイデアを広める方法(パターン)を学んでみるに参加しました。→資料1 資料2

「Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン」監訳者の川口 恭伸さんによるセッションと、ワークショップが開催されました。この本自体は、興味があり今年のデブサミで購入後、読了していましたが、仕事への活用はまだまだの状態でした。

最初に、川口さんからのセッションがあり、この本の背景となっていること=社内政治を攻略することの大切さと、集約の方法としてのパターンについて解説がありました。

その後、これまでに自分が広めてきたことと、その時に利用したパターンを思い出し、共有していきます。
私は、技術本の貸し借りと、Redmineを題材に挙げました。(同じチーム内でのことなので、広めたうちに入るかは分かりませんでしたが・・・)利用したパターンの交換は、わいわいがやがやと、楽しい雰囲気でした。

さらに、グループワークで、一つ決めた題材に対して、時系列で課題と利用したパターンを洗い出していきます。私が出したRedmineの普及を、グループの題材として取り上げていただきましたので、私が、そのときの課題とどうやって解決したかを、思いつく限り挙げていきました。

IMG_0818.jpg

こうやってみて見ると、意外に、無意識にパターンにはまっているんだなと実感できましたね。
その中でも、自分が使いやすいパターンと、そうでないパターンがあり、自分の思考パターンが見えてきます。自分の得意技を磨くか、選択肢を増やしていくのか。

終了後に、川口さんにStep By Step、進めていきましょうとサインをいただきました。

DevLOVE関西スタッフの皆さん、会場提供の楽天さん、参加された皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント