スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UX Japan Forum 2014に参加しました 2014.7.20

UX Japan Forum 2014に参加しました。

システムエンジニアとしてWebサイトに関わっている私は、ユーザーやデザイナーとの恊働が大事だと考えています。Webサイトが、その存在意義の元となるビジョンに従い、適切な役割を果たすために、それが必要だと感じているからです。

Web系のシステムエンジニアにとっても、UXなど最近の考え方を知っておくことは、Webディレクターやデザイナーと仕事をする際に役立つと考えています。
今回も、様々な知見を持つ方のセッションを聞くことで、理解を深めることができました。デザイナーが今後、「正しいデザインに導いていく」役割を担っていくのであれば、システムエンジニアの私でも積極的に協力できる部分があるように思います。ユーザーの課題を解決することに、役割の垣根はありません。お互いに協力して進めていけば良いじゃないでしょうか。

下記に、私のメモを記載します。

キーノート
「UX思考 - ユーザーエクスペリエンスの視点からイノベーションを生み出す」
山崎 和彦 氏(千葉工業大学)

時間軸でのユーザー体験という視点
:たとえば、製品ならば、買う前から、買った後、メンテナンスまで含めたところで、
 ユーザーの体験を総合的に見ていく必要がある。

イノベーションとは持続可能な新しいオファリングを生み出すこと
:イノベーションは10タイプに分類でき、それらは大きく分けると、
 組織のデザイン、製品・システムのデザイン、経験のデザインに分類できる。

デザイン思考を活用するための課題例
:課題1.デザイン思考の取り組みの共感者が広がらない
  :「広義の」デザインへ考えを広げる
   コミュニケーションデザイン、デザインワークショップ、リフレーミング(新たな観点で状況をとらえる)を活用

 課題2.デザイン思考を導入してもビジネスに繋がらない
  :初期段階から導入、製品・システムだけにフォーカスしない、これまでの会社のしくみを変える
   ビジョン提案型デザインの活用、体験のデザイン、組織のデザインの活用(製品から体験へ、体験から製品へ)

UX視点ビジョンの設定
:UXの戦略とは、UXのビジョンを描いて、実現化のためのロードマップを作ること

==

セッションA
「ユーザエクスペリエンス・デザインの破壊と再生」

坂田 一倫 氏(ShibuyaUX / UX Tokyo)
山本 郁也 氏(UX Tokyo)

デザイナーの役割の再定義
:デザイナーはデザインを導く立場として活躍していく役割がある

モノをつくるのはできるだけ最後にする
:サービスの可能性を、事業化できるのかそうでないのか、期限を決めて確認する。

==

セッションB
「クライアントの向こう側 - “見えないユーザー”との付き合い方」

平野 秀幸 氏(Sakae UX)

要件定義で、想いを確認し、まとめあげる
:自社(発注者側)メンバーとWEB制作会社をメンバーとして取り込み
 立場を気にさせない一つのチームを作り上げることが重要。

ディスカッション
:坂本貴史氏とのディスカッションでの、坂本氏の答えが落ち着き払っていて、
 とても興味深かった。
 ・受託は、ユーザーが面倒くさくて人手がいるのか、分からないのかのいずれか。
  UXという言葉があるが、言葉に踊らされないことも重要。
  最終的な成果物(Webページ)とかに変換していくまでが仕事。目の前の仕事を見て判断する。

==

セッションC
パネルディスカッション「UXと教育」

パネリスト:
山崎 和彦 氏(千葉工業大学)
安武 伸朗 氏(常葉大学)
河口 英生 氏(トライデントコンピュータ専門学校)
コーディネーター:
浅野 智 氏(HCD-Net)

UX人材の発掘
:千葉工業大学では、モノの見方、考え方を育てている
:常葉大学の学生さんたちが、今リアルタイムドキュメンテーションしているが、
 部活的にデザインをやっていて、可能性のある子の眼を開かせていっている
:トライデントの学生さんたちは、1年目では少しずつ刷り込みながら、2年目で社会人の人たちの授業に。
 楽しみながら学ぶ、知らぬ間に身に付いているを目指している

学生への型を教えることの功罪
:ペルソナだとか、やったらそれで満足してしまう学生がいる
 体験自体も浅かったりするので、状況判断必要

外部(PJ)とのつながり
:外の人に言われることの意味合いは大きい。学生が聞く。
 ここがだめで使えないとかも、言ってもらう。事前の準備・仕込み・選定も必要。

==

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。