美術館巡り2015/01

1月の美術館巡りです。

1/3(愛知)
名古屋ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展

1/11(東京)
相田みつを美術館 肩書のない人生
武蔵野市立吉祥寺美術館 吉祥寺のモダニスト小畠辰之助

1/12(栃木)
佐野市立吉澤記念美術館 花華コレクション2015早春篇
安藤勇寿「少年の日」美術館 母ちゃんの詩展

1/24
静岡県立美術館 石田徹也展
静岡市美術館 ロイヤル・アカデミー展

お正月は、名古屋ボストン美術館の華麗なるジャポニズム展へ。
モネの「ラ・ジャポネーズ」がお目見え。修復を終え、美しくなった。

名古屋ボストン美術館

1/11は、武蔵野市立吉祥寺美術館へ。伊勢丹閉店後も元気に100円で運営を続けている。感謝したい。
小畠辰之助の作品も気に入ったが、やはりここに来たら、浜口陽三の作品で癒やされたい。

1/12は、佐野市へ。吉澤記念美術館、安藤勇寿「少年の日」美術館とも、初訪問。
安藤勇寿「少年の日」美術館に公共交通機関で行くには、バスの予約が必要。
でも、美術館の方がとてもよい方で助かった。
また、帰りがけに、安藤勇寿氏がお出ましになり、歓迎を受けた。
そろそろ結婚はと聞かれたが、そうですね〜としか、答えられなかった。

安藤勇寿「少年の日」美術館

1/24静岡へ。
石田徹也展は、何度訪れても、自分の中でどこかひっかかるところがあって、気になる存在。
プレゼンがうまくなかったとか、共感するしかない。
彼のような画才はないが、自分も不器用だし、似ているのだと思う。

静岡県立美術館

コメント

非公開コメント