スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム・スタジオレッスン

ジムに通い始めたのは、体力維持のため。

2008年からジムに通っていますが、もともと器具で筋力トレーニングって、あんまりすきじゃないんです。スイミングも併用しながら、月2〜3回通っていました。
2012年からジムに併設のテニススクールに通い始めました。これはよかった、4年経った今でも続いてます。
そして、昨年2015年春から、ジムのスタジオレッスンに通い始めました。

実は、テニスに通うようになってからしばらくは、スクール以外でも仲間とテニスをするようになり、ジムの方はほぼ行かなくなっていました。
ただそれも最近ではそれもなくなり、テニスは週1のスクールのみに。
そうすると、それではテニス、その他に必要な体力を維持するのが難しくなり、スタジオレッスンに行くことにした、というのが理由です。

ただ、最初は、自分などが入っていいものかと、なかなかスタジオに入れませんでしたよ。
まずは、初心者向けのビヨンドマーシャル30、ZUMBA30から始まり、45へ、さらにはバレトン、グループパワーもたまに顔を出すようになりました。

ビヨンドマーシャルは、ボクシングや空手の動きが取り入れられたプログラムですが、私が好きなのは、正拳突きや瓦割りの動きですね。もちろん、カーディオパートも好きな動きはあるのですが、覚えやすさもあり、どちらかというと、ファイトパートの方が好きです。
クールダウンで2015前半で流れていた、Jordin SparksのTattooも好きな曲です。

ZUMBAは、最初は何気なく始めましたが、見事にハマったなというプログラムです。
最初は動きについていくのが大変かなと思ったのですが、繰り返しの動きが多く、ビヨンドマーシャルを覚えられるならば、それほど難しくはないように思います。インストラクター次第というところもありますが。
何より、踊っている時は、すべてを忘れられるので、ストレス解消には持って来いです。
昨年のお気に入りの曲は、popee、Vive Y Vaila、Ministry of Road、Candela、Zumba Fuegoあたりです。

結果、体力維持にスタジオレッスンは貢献し、テニススクールでも、以前より息が切れなくなりました。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。