コードの世界

MCP試験の帰り道、本屋でたまたま見つけて衝動買いしました。
まつもとゆきひろコードの世界
日経Linuxのコラムを編集したもの。

インパクトある表紙なのに、中は白黒(黄黒?)で、ギャップが楽しめそうです。
とりあえず手にとってもらって、読ませて、引き込む戦略かしら。

知っての通りRubyの生みの親であるまつもとゆきひろが、
プログラマーとして知っておきたい勘どころを、書き下ろした記事ということで、
興味深いと思いました。データの永続化とか、プログラムの高速化とか、もろもろ

プログラムが好き、だからプログラムの本質を考えに考えておきたい。
そんな私が共感できる本か、今後検証してみたいと思います。

コメント

非公開コメント