ODS

今日の午前中は、Oracle Direct Seminarを受講しました。
インターネットブラウザのストリーミング配信で、セミナーが受けられるというものです。

タイトルは、若干長くて、
「Oracle Database現場ワザセミナー第8弾 Windows Server 2008+Oracle Database 11g」というもの。
9i以降、しばらくOracleの動向を見ていなかったので、少し新鮮に感じました。

本当にOracleもSQL Serverもどんどん進化しています。
OracleもActive Directoryや、.NET Membershipに対応してきていますし。

機能差、価格差などが小さくなるということは、製品導入の制約・決め手が小さくなること。
それはそれでよいのですが、開発者の一人としては、
それぞれの開発・運用ノウハウについても、差が小さくなってほしいものです。
結局は、その時技術者の多数派を抑えた方が採用されるようになっていくのでしょうか。

コメント

非公開コメント