スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館巡り 2009/5/24

SBSH0168_2.jpg
試験の翌日は遊ぶということで、美術館巡り。
 岡崎市美術博物館 「印象派の巨匠 ピサロ―家族と仲間たち―展」
 豊田市美術館 「ヤノベケンジ―ウルトラ展」

(ピサロ展)
当然と言えば当然なのかもしれませんが、
ピサロの作品は、印刷物にしてしまうと印象ががらっと変わってしまうように思いました。
「エラニー=シュル=エプトの日没、秋」の色使いが素敵。
ピサロの他、ミレーやコローの作品にもめぐり会えてよかった。

(ヤノベケンジ―ウルトラ展)
ヤノベケンジの作品をはじめて見ましたが、
作品そのものが持つ面白さと、社会へのメッセージが合わさって、飽きさせません。
「ウルトラ-黒い太陽」は、1日に数回しかパフォーマンスがありませんので、
時間を合わせて見ることをおすすめします。
電磁波の影響?か、パフォーマンスが終わってからもちょっとぼーっとしてました。

アトムスーツやトらやんも、やばいくらい面白かったのですが、
サバイバルシステムトレインという名の列車?が強烈なインパクトでした。
説明によると、「酸素発生コンテナ、蒸留水装置コンテナ、家財道具など
サバイバル時に必要な機能をもつ様々なコンテナを有するヤノベケンジの私設列車」とのこと。
外観は、ハウルの動く城を小さくした感じ。

機会を見つけて、ヤノベケンジ関連は覗いてみたいです。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。