美術館巡り 2009/06/20-21

この土日も、美術館巡りのため、東京へ。
【6/20】
大倉集古館:山口伊太郎源氏物語錦織絵巻展
 源氏物語絵巻を、織物で実現しようという試みがそもそもすごい。
 再現となると原典に忠実にと心のどこかで思ってしまうけれど、
 原典から離れて、作るべきものを作られたのだという気がしました。

 原典と比べると色や形などもいろいろと(むしろあえて)違うのですが、
 源氏の世界を描き出すことに成功しています。

岡本太郎記念館:明日の神話40年の軌跡展
 初めての来訪です。
 明日の神話をどのようにあの渋谷駅のスペースに展示したのか、
 疑問がありましたが、少し謎が解けてきました。
 この後、渋谷駅の実物を見に行きましたが、
 たくさんの人に見てもらいたい絵が、この場所を選んだように思います。

東京都写真美術館:世界報道写真展2009
 毎年必ず見に行く展覧会の一つ。
 大賞に選ばれた写真が、不況の現在を表しています。

この日は、ミューザ川崎で高関 健指揮の名曲全集を聴きに行き、
船橋の友人宅で、お泊まり。世話になりました。

【6/21】
東京都美術館:日本の美術館名品展
 これだけの作品をよく集めた、という印象が強い展覧会でした。
 全て見終わるのに、私は3時間かかりました。
 日本の公立美術館から200点以上もの作品を意外にバランスよく集めています。
 全国の美術館を行脚したくなる、そんな展覧会でした。

 出品元の美術館で見た作品もいくつかありましたが、
 意外に地元の美術館が出品した作品を知らなかったり。
 美術館によっても出品しているレベル感が違っていて、
 2番手を出してくるか、7,8番手を出してくるか、興味深いところ。

熊谷守一美術館:常設展
 初めての来訪です。
 熊谷守一の作品というと自然と思い浮かぶ特徴があるのですが、
 それ以外の作品をたくさん見ることが出来ました。
 書もなかなか面白いです。

相田みつを美術館:いのち~いちばん大切なもの~
 案内状特典の内輪をもらいました。
 ここ2、3年、展覧会の度に通ってきた甲斐あってか?
 だいぶ見たことのある作品が増えてきました。しばらく行かないかも。

今回も2館の初訪問の美術館を含む、6館を巡りました。
また、巡ります。

コメント

非公開コメント